sugarの気ままなブログ

sugarの日常やくだらない話

LGBTの話

おはようございますsugarです。

 

今日はLGBTである私の考え方や思っていたことを書きたいと思います。

 

LGBTである私はどうしても普通ではないと思われてしまいます。LGBTである私からしたらどうして普通ではないと思われてしまうのはなぜでしょうか?

 

それは世間の大多数の人がLGBTではなく異性愛者だから。大多数の人が異性愛者だから少数派のLGBTが異様だと思われてしまうのかと思います。そしてそもそもLGBTという言葉自体を知らない人もいるからです。

 

でも、皆さん考えてみてください。

異性が好きな人、同性が好きな人、身体と心の性別が別な人。それぞれが個性ではないですか?

異性を愛しても同性を愛しても愛していることに変わりはないと思いませんか?

トランスジェンダーも同じ。

たまたま身体と心が一致しなかっただけです。身体と心、二つの性別があるのだから一致しないというのはおかしいことではないと思いませんか?

 

私は家族にLGBTだと伝えていません。

だから兄がTVでLGBTの人を見て『きもい』とか言ってるのを間近で聞いてしまったのでとても悲しくなります。

どうしてそんなこと言うのだろうと。

 

私も家族にはまだ言っていませんでした。

今までLGBTだということは隠して生きてきました。それはやはり周りにカミングアウトしたらどう思われるのだろうと思っていたから。

実際、ニュースなどでもLGBTだからという理由で会社をやめさせられたりしたものがあったり。

どうしてLGBTいうだけでここまでされなければいけないのでしょうか。

 

 

 

もっとLGBTについて知って欲しい。

 

 

異性愛者と同じように扱ってほしい。 

 

 

好奇な目で見ないで欲しい。

 

 

 

 

それが私の密かな思いです。

これはあくまでも私の解釈の仕方です。

 

これからもちょいちょいLGBTについての体験や出来事など書いていこうかと思います。

今日はこの辺で。

 

ありがとうございました。